top of page

浄土真宗本願寺派

本願寺笠松別院

笠松全景写真(リメイク) (1).jpg

​沿 革

 本願寺笠松別院は、文政年間、本願寺第19代宗主本如上人が、当地へ御巡教の際、御休息所として宿舎を建立したのが起こりである。

 その後、1838(天保9)年、本願寺第20代宗主広如上人御巡教のお待ち受けに「西会所」を開き、平素は説教所として親しまれ、1846(弘化3)年、現在の地に移転。明治初期に本願寺出張所と改められ、次いで本願寺笠松別院と改称された。

 地元に親しまれていた別院を濃尾震災が襲ったのは1891(明治24)年10月28日、岐阜市内の9割の寺院が倒壊し、笠松町も甚大な被害を受けた。別院も本堂及び庫裡は全壊。鐘楼は火災によって焼失した。

 1897(明治30)年、門徒らの尽力によって仮本堂を建築。仮本堂ながらもその後80年にわたり人々の心の依り処となった。

 1971(昭和46)年、いよいよ堂宇老朽化し、80年来の念願であった現在の本堂が再建された。

 本願寺笠松別院は、本山本願寺(京都:西本願寺)の直属寺院であり、本願寺門主を住職とし、門主より任命された輪番が平時の寺務を執り行っております。

​行 事

      元旦会  1月1日

    春季彼岸会  3月19日

    宗祖降誕会  5月19日

     盂蘭盆会  8月19日

    秋季彼岸会  9月19日

​    報恩講法要  11月27日・28日

     除夜の鐘  12月31日

     常例法座  上記以外の毎月19日 

納骨堂

   新規使用冥加金  30万円

     年間管理費  2千円

​※納骨・墓地・永代経等のご相談を随時受け付けております。

 お気軽にご相談ください。

1640224188049.jpeg
笠松納骨堂写真(リメイク) (1).jpg

​アクセス

〒501-6054  岐阜県羽島郡笠松町柳原町100-3

TEL:058-387-3557

bottom of page